私は専門家ではないのだが、という話

江戸川区の片隅で、お客さんの9割がカウンターで長居をするカフェを営んでいる者です。

 

自分のカフェの売りはカレーだが、最近は自分がいつでも食べたいという理由でおでんを始めた。一部の層からは『コンセプト的におでんはどうなのか。ブレを感じずにはいられない』とのお声を頂いた。貴重な御意見は有難いが、おでんは春までやる。私は気に入っているのだ。

 

先日、月一恒例のカウンセリングに行ってきた。今年初頭に鬱で動けなくなってから私はカウンセリングに通っている。人によって効果は様々だしカウンセラーとの相性も大きいので万人向けではないと思うが、少なくとも私自身はカウンセリングに救われた。

冒頭の通り現在の私はカフェを営んでいる経営者で、ひとりで週6日店を時間通り開けることが出来ているので、鬱の症状としてはかなり落ち着いてきていると言える。

 

盛夏の頃であったか、担当カウンセラーより『もうカウンセリング必要ないかも...』とおずおずと切り出された事があったが、全力で継続を申し出た。何のてらいも駆け引きもなく、自分の想いを吐露出来る場は貴重だ。何でも話を聞いてくれる優しいスタッフがいるカフェなんかが近くにあるならいざ知らず(うちの店か)、現在の私にとって、まるで母の如く全てを包み込んでくれるカウンセラー(初老の女性)の存在は唯一無二だ。母親からの愛情を感じずに成人したので尚更そう感じるのかもしれぬ。

 

そんなこんなのカウンセリングであるが、最近カウンセラー側からの『もうやめてもいいんじゃないかしらオーラ』を感じなくなっていた。

何故か。

私から不安定の波の気配を感じとっているからではない。

 

明らかに私の話を楽しみにしている。カウンセラーが。

 

私の店には気持ちの弱っている方が主にいらっしゃる。私は専門家ではないのだが、出来るだけ丁寧にお話を伺う事を心掛けている。そして率直な感想を述べたり、自分の拙い経験の引き出しから言える事を引っ張り出したりする。

それしか出来ないからだ。

話を聞いて貰えて良かったと言われたりする。

嬉しいと感じる。店やって良かったなと素直に思える。

時には考える。お客様が帰った後も、場合によっては何日も考える。

そのお客様のその後や、私の声がけや相槌は適切だったのか等の私自身の反省を。

 

そんな、自分自身の気持ちの動きをカウンセラーに吐露する。

私は知っている。カウンセラーは話を聞く事しか出来ないという事を。

アドバイスを求めている訳ではない。話を聞いて貰う。そして気持ちが軽くなる。

カウンセラーは、時には医療側の見解を話してくれたりする。私は自分のしている事と医療の境目について考えたりする。

そして、カウンセラーとその話をする。意見交換をする。

 

おこがましい勘違いの可能性もあるが、きっとカウンセラーも私の話から色々なヒントを得ていると思われる。

私はというと、いつしかカウンセラーからカウンセリングの極意を盗みとろうとするようになった。

 

私はこれからも多くの方のお話を伺いたい。自分の店のカウンターで。

専門家ではないのだが、これからも『話を聞いて貰えて良かった』と言って頂けたら嬉しい。

私のやっている事は決して医療ではなく、福祉的要素が色濃い。

 

江戸川区の片隅でカフェを営んでいる者です。

よかったらあなたのお話聞かせて下さい、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

自己満足を探求すれば良いのではないかという話

東京の片隅でカフェを営んでいる者です。

『生きやすさとは何だろう』的な話をお客様とよくします。

生きずらい理由があるとしたら人それぞれなので絶対的な答えは存在しないのですが、最近印象に残った話から。

 

ズバリ『自己肯定感(という概念)なんか捨ててしまえ、これからは自己満足を探求しよう』という話。

 

やたらみんなが気にする『自己肯定感』。Twitterを見ていると高いだの低いだのと日々大騒ぎな印象。そもそも自分が学生の事は『自己肯定感』という概念は存在しなかった様に思う。なので気にしなくても十分生きていけるはずだという話になった。

ではひと世代前の人々は何を追っていたのだろう?

自己満足では、という所に行き着いた。

 

『自己満足』。自己肯定感は他者への配慮をバリバリにしているイメージがある。それに比べると、自己満足には自分さえ良ければあとはどうでも構わないという身勝手さを感じる。

 

しかし...自分の人生だもの、自分が良ければそれで良いのではないか?

 

必要最低限の配慮は大切だろうが、もう人の事は気にしなくていいのではないか。皆自分に帰ろうよ。自分の満足だけをシンプルに考えよう。

 

という訳で、今後『自己肯定感が低い、どうしたら上がるか』には『そんなん知らん、自己満足探求しろ』で切り返そうと思います。

皆が少しでも生きやすくなります様に!

 

 

 

 

人生はネタという話

以前に周囲の人間に私が何気なーく放った言葉だか、『とても気に入っている』とのレスポンスを頂いたのでもう少し掘り下げてみようと思う。

 

自分の半生を振り返るとそこそこ波乱万丈であり、1から10まで説明すると往々にして『大変だったね』『気の毒』『不幸せ』という反応を得る。あまり面白い話ではないし、不幸自慢をしたい訳ではないので端折る。簡潔に言うと『家族に恵まれないまま大人になった』ので、AC由来のうつ状態が今も出る。

 

物心ついた時から『死にたみ』がまとわりついでおり、きっと自分はどっかで自死するから大人になる事はないだろう、と思っていた私が妙齢となり風変わりなおしゃカフェをオープンさせた...全くもっての想定外の出来事であり、願いが叶うなら小学生の頃の自分に教えてやりたい。そうすればもう少し真っ直ぐな大人になっていたであろうか?いや、多少ひねくれてはいるがここまで生きてきた事自体が奇跡だ。そこにどんなカラクリがあったのだろう?

 

答えは『シュールなものに心惹かれるサブカル女子に育ったから』。

 

これに尽きる。家族には恵まれなかったがその代わりか友人には恵まれ、交友関係の中から世の中をちょっとナナメに見ている様な生き方の学友に感銘を受け、JK時代は独自のスタイルの確立に全力を注いだ。制服のスカートはくるぶし丈でタイトにし、靴紐の左右の色を変えたりした。限られたコミュニティの中で支持者が現れる様になり、この頃から『人は人、自分は自分』との悟りを開く。

 

そうなると尊敬する人物はMJことみうらじゅん氏だ。彼は自然体で自分が楽しむ事で人々を引きつける。そんな生き方を自分も貫きたいと強く共感した。その結果たどり着いたのが冒頭の『人生はネタ』である。

 

敢えて端折った話を蒸し返す。

生まれも育ちも東京都江戸川区小岩出身の、本来であればチャキチャキの江戸っ子であろう男を父親に持つが、彼は妻子を捨てて自分探しの旅に出たまま未だ行方知れずである。ついでに言うと生死不明だ。こんな男気のない男の話があるであろうか。

制服に身を包んでいた時代はこの話を誰にもした事がなかった。家庭内の恥ずべき黒歴史と捉えていたからである。

しかし今はどうだ。そんな父親、持とうと思っても持てまい。江戸っ子の癖に前世はジプシーか何かではなかろうか。ジワる。立派なネタである。

 

ポジティブ思考ネガティブ思考、調子の善し悪し、人の気持ちの温度はけっして一定ではないと思うが、とりあえず面白い方向に考えてみよう。

私の人生、案外悪くない。

 

東京の片隅にある、ちょっと不思議なカフェの話

言わずもがな、自分の店の話です。

 

『メム』がオープンして2週間とちょっと経ちました。群ようこ桜庭一樹あたりの小説に出てきそうな、シンプルだけど味やインテリア全てにこだわりがあって、東京のど真ん中ではなくほどほどの郊外にあって、スタッフは気さくだけどちょっと影もあってみたいなカフェ...本当にあったら素敵だなと思っていたら、自分が作ってしまいました。不思議です。人生ってわからんもんだな、を身を持って体験しています。

 

これを綴っている今は営業時間中、世間はランチタイム真っ最中で飲食店ならどこもピークタイムでしょうが、残念ながら今日のメムはお客さんゼロ。相方のスタッフわったも所要で出ている為、約20㎡の客室の真ん中に1人ポツンと座っています。

 

焦り...無いわけではないが、まだ1ヶ月もたっていないしこんなもんかなぁ、という感じもする。主にツイッターを宣伝媒体としており、ホームページも完成したし、ショップカードの準備を進めてはいるが、私が本当に求めているのは『口コミ』での集客だ。もちろんメディアに載りたい欲もあるが、実際に来てくださった方の『また行きたい』が1番説得力があると思う。何より、私自身がカウンターで賄い飯を食べている時に1日の中で1番の幸せを感じている。ゆったり寛ぐ空間で食べるゴハン。これに勝る幸せがあるだろうか。

 

昨夜の事。飲みにいらっしゃった近所の年配の男性のお客様と色々お話していたら、お客様が突然泣き出してしまった。飲み屋でこんな風に自分の事を色々話したのは初めてとの事、何故か涙が出てきたと。それがいいとか悪いとかそういう事ではなく、私はその方の気持ちが今解放されたのだなぁと思った。

 

色んな人に来て欲しい。それは経営的な面だけではなく、『もっともっといっぱい人と話をしたい』と私もわったも昨夜を経て強く感じた。年齢とか性別を越えて、色々な境遇の人と話をしたいし、そういった人達の交差点でありたい。それは私が企業をしようと思った時のコンセプトでそこから1mmもブレてはいないが、それを再確認出来た、という話。

 

 

 

 

 

本当に店主になった話

今、自分の店のカウンターに座っています。客室とキッキン合わせて約30㎡のほぼ中央、私はオシャカフェの店主になりました。

 

今までの経緯や都度思ったことなどはクラウドファンディング『CAMPFIRE』の投稿欄に上げておりましたが、主なものをこちらに移行し、今後はこちらから144文字では伝えられない事をぶん投げていきたいと思いますので、どうぞよしなに!