人生はネタという話

以前に周囲の人間に私が何気なーく放った言葉だか、『とても気に入っている』とのレスポンスを頂いたのでもう少し掘り下げてみようと思う。

 

自分の半生を振り返るとそこそこ波乱万丈であり、1から10まで説明すると往々にして『大変だったね』『気の毒』『不幸せ』という反応を得る。あまり面白い話ではないし、不幸自慢をしたい訳ではないので端折る。簡潔に言うと『家族に恵まれないまま大人になった』ので、AC由来のうつ状態が今も出る。

 

物心ついた時から『死にたみ』がまとわりついでおり、きっと自分はどっかで自死するから大人になる事はないだろう、と思っていた私が妙齢となり風変わりなおしゃカフェをオープンさせた...全くもっての想定外の出来事であり、願いが叶うなら小学生の頃の自分に教えてやりたい。そうすればもう少し真っ直ぐな大人になっていたであろうか?いや、多少ひねくれてはいるがここまで生きてきた事自体が奇跡だ。そこにどんなカラクリがあったのだろう?

 

答えは『シュールなものに心惹かれるサブカル女子に育ったから』。

 

これに尽きる。家族には恵まれなかったがその代わりか友人には恵まれ、交友関係の中から世の中をちょっとナナメに見ている様な生き方の学友に感銘を受け、JK時代は独自のスタイルの確立に全力を注いだ。制服のスカートはくるぶし丈でタイトにし、靴紐の左右の色を変えたりした。限られたコミュニティの中で支持者が現れる様になり、この頃から『人は人、自分は自分』との悟りを開く。

 

そうなると尊敬する人物はMJことみうらじゅん氏だ。彼は自然体で自分が楽しむ事で人々を引きつける。そんな生き方を自分も貫きたいと強く共感した。その結果たどり着いたのが冒頭の『人生はネタ』である。

 

敢えて端折った話を蒸し返す。

生まれも育ちも東京都江戸川区小岩出身の、本来であればチャキチャキの江戸っ子であろう男を父親に持つが、彼は妻子を捨てて自分探しの旅に出たまま未だ行方知れずである。ついでに言うと生死不明だ。こんな男気のない男の話があるであろうか。

制服に身を包んでいた時代はこの話を誰にもした事がなかった。家庭内の恥ずべき黒歴史と捉えていたからである。

しかし今はどうだ。そんな父親、持とうと思っても持てまい。江戸っ子の癖に前世はジプシーか何かではなかろうか。ジワる。立派なネタである。

 

ポジティブ思考ネガティブ思考、調子の善し悪し、人の気持ちの温度はけっして一定ではないと思うが、とりあえず面白い方向に考えてみよう。

私の人生、案外悪くない。